蕎麦・素麺・うどんのカロリー・食物繊維の違い

蕎麦・素麺・うどんのカロリー・食物繊維の違い

めんつゆに浸けて食べる食べ物といえば蕎麦・うどん・素麺です。これらはどれもヘルシー料理といわれていますが、カロリーや食物繊維量の違いはどれほどあるのでしょうか。

 

 

蕎麦・素麺・うどんのカロリー

日本食品標準成分表によれば、蕎麦・素麺・うどんのカロリーはそれぞれ以下のようになっています。

 

100gあたりのカロリー

  • 蕎麦(茹で)・・・131kcal
  • 素麺(茹で)・・・126kcal
  • うどん(茹で)・・・104kcal

 

カロリーだけ見れば蕎麦が一番高いですね。そしてうどんが一番低いです。ただダイエットを目的としている人はカロリーだけでなくGI値というものも調べてみましょう

 

GI値というのは炭水化物が体内に取り入れられ、糖質として吸収されるまでのスピードの指標となる数値です。この数値が高いほど血糖値が上がりやすくなる、つまり太りやすいです。

 

そして蕎麦・素麺・うどんの中では一番GI値が低いのは蕎麦になります。蕎麦は血糖値の上昇を抑える食物繊維が豊富なのです。

 

ちなみに100gあたりの食物繊維の含有量の違いは以下のようになっています。

 

100gあたりの食物繊維

  • 蕎麦(茹で)・・・1g
  • 素麺(茹で)・・・0.5g
  • うどん(茹で)・・・0.3g

 

蕎麦がうどんや素麺よりも腹持ちがいいのは、胃袋の中で豊富な食物繊維が膨らむからです。だからちょっとくらいカロリーが高くても、少量で満足できる蕎麦のほうがダイエットには向いているかなと思いますね。

<スポンサーリンク>
page top