蕎麦の食物繊維は水溶性?不溶性?

蕎麦の食物繊維は水溶性?不溶性?

蕎麦に含まれる食物繊維についてのお話です。蕎麦に含まれる食物繊維は水溶性なのか不溶性なのか、というところからお話しています。

 

食物繊維の効果

蕎麦は他の麺類と比較して食物繊維が豊富です。ただ一口に食物繊維と言っても不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類の食物繊維があることはご存じでしょうか。蕎麦に含まれている食物繊維というのは不溶性食物繊維のほうです。

 

 

不溶性食物繊維の効果

その名の通り水に溶けない食物繊維のことです。胃や腸で水分を吸収し大きく膨らむ性質があります。(蕎麦の腹持ちが良いのはこのため)

 

この性質により便のかさが増し、腸の蠕動運動を活発にして便通を促進するのです。体内の有害物質の排出促進によるデトックス効果もあります。

 

では水溶性食物繊維とは?

では水溶性食物繊維とは何かというと、こちらは名前の通り水に溶ける食物繊維のことです。果物や野菜、わかめ等の海藻類に豊富に含まれます

 

糖質の吸収を緩やかにしたり、血糖値の急上昇を防ぐ効果があります。また善玉菌を増やすので整腸作用も期待できます。

 

便秘解消には食物繊維とはよくいわれることではありますが、不溶性食物繊維は水分を吸収する性質があるので、食べ方によっては便が硬くなり逆効果になることもあります。不溶性食物繊維を摂取するのなら、水溶性食物繊維や水分も十分に摂取するようにしてください。水溶性 1:不溶性 2 程度のバランスが理想的だと言われています。

<スポンサーリンク>
page top