蕎麦のルチンの効果

蕎麦のルチンの効果

蕎麦の健康効果を語る上で欠かせないのが今回ご紹介するルチンになります。

 

蕎麦に豊富なルチンとは何か

ルチンは蕎麦に豊富に含まれているポリフェノールの一種です。ビタミンに似た生理作用を持つ有機化合物なのでビタミンPとも呼ばれています。

 

 

ルチンの効果

ルチンの効果は以下の通りです。

 

  • 毛細血管壁を強化、血液を綺麗にする作用がある。
  • 血圧や血糖値の降下作用があり高血圧や糖尿病、動脈硬化といった生活主観病の予防効果が期待できる。
  • 抗酸化作用によりシミやシワの発生を予防する。
  • コラーゲンの生成に寄与するビタミンCの働きを助ける。

 

ルチンを摂取しよう

1日に必要なルチンの量は30mgほどと言われています。そしてこれは1日1食蕎麦を食べればクリアできる数字です。

 

とくにソバの一種であるダッタンソバには痛増の100倍近いルチンが含まれているといわれていますので、ルチンの健康効果を得たいのならダッタンソバの蕎麦を食べることをおすすめします。

 

ただ通常のソバで作るよりもかなり苦みが強いですので好き嫌いは分かれるかと思います。

<スポンサーリンク>
page top