蕎麦のビタミンb1の効果

蕎麦のビタミンb1の効果

蕎麦にはビタミンB群が豊富に含まれています。特にビタミンB1の含有量が突き抜けており、蕎麦を食べることでビタミンB1の健康効果が期待できます。

 

ビタミンB1の効果

糖質の代謝促進

ビタミンB1というのは水溶性ビタミンB群の一種です。摂取した糖質の代謝を促す効果があります。蕎麦は炭水化物が多いので、肥満や血糖値の上昇を気にされるかもしれませんが、同時にビタミンB1により代謝が促進されているので、他の麺類よりは影響を受けにくいです。

 

 

疲労回復効果

またビタミンB1は疲労回復のビタミンとも呼ばれており、糖質の代謝を促進することで効率的にエネルギーを生み出すことができるようになります。その為暑さで疲労しやすい夏の時期などは、冷たい蕎麦で暑さをしのぎつつ、疲労回復もはかることができるという優れ食材として重宝します。

 

神経の正常化

ビタミンB1には神経を正常化するという効果もあります。逆に欠乏してしまうといらいらや集中力の低下といったことが起こりやすくなります。

<スポンサーリンク>
page top