蕎麦の栄養成分

蕎麦の栄養成分

蕎麦の栄養成分に関する記事をまとめているカテゴリです。

蕎麦の栄養成分記事一覧

蕎麦はタンパク質の含有量に秀でている食品です。今回は蕎麦と他の食品のタンパク質含有量の比較や、筋トレと蕎麦の相性についてお話しています。蕎麦のタンパク質含有量日本食品標準成分表によれば、蕎麦に含まれているタンパク質は100gあたり10gになります。10分の1はタンパク質ということになり、かなり豊富なことがわかりますね。ただしこれは茹でる前の蕎麦に含まれる含有量です。蕎麦は茹でなければ食べられません...

蕎麦にはビタミンB群が豊富に含まれています。特にビタミンB1の含有量が突き抜けており、蕎麦を食べることでビタミンB1の健康効果が期待できます。ビタミンB1の効果糖質の代謝促進ビタミンB1というのは水溶性ビタミンB群の一種です。摂取した糖質の代謝を促す効果があります。蕎麦は炭水化物が多いので、肥満や血糖値の上昇を気にされるかもしれませんが、同時にビタミンB1により代謝が促進されているので、他の麺類よ...

蕎麦に含まれるプリン体の含有量を紹介しています。プリン体とはプリン体というのは穀物や野菜、肉や魚など蕎麦含め食べ物全般に含まれる旨み成分のことです。プリン体は私たちが生きていく上では欠かせない物質です。プリン体と痛風の関係必ずと言ってもいいほどプリン体とセットで語られる疾患として「痛風」というものがあります。痛風というのは尿酸という物質が関節の中で固まり結晶になるために起こる関節炎です。食べ物で摂...

蕎麦の健康効果を語る上で欠かせないのが今回ご紹介するルチンになります。蕎麦に豊富なルチンとは何かルチンは蕎麦に豊富に含まれているポリフェノールの一種です。ビタミンに似た生理作用を持つ有機化合物なのでビタミンPとも呼ばれています。ルチンの効果ルチンの効果は以下の通りです。毛細血管壁を強化、血液を綺麗にする作用がある。血圧や血糖値の降下作用があり高血圧や糖尿病、動脈硬化といった生活主観病の予防効果が期...

蕎麦というのは糖質量が高い食品なのでしょうか。今回は糖尿病患者や予備軍の人々にとっては無視できない、蕎麦の糖質量についてのお話です。蕎麦の糖質量は高い?日本食品標準成分表によれば、蕎麦に含まれている炭水化物(糖質)量は100gあたり55gです。まあやはり穀物ということで高いの炭水化物(糖質)量であることがわかります。その為【⇒⇒糖尿病に蕎麦は良くない?】でも解説しているとおり、糖質制限をしている糖...

蕎麦に含まれる食物繊維についてのお話です。蕎麦に含まれる食物繊維は水溶性なのか不溶性なのか、というところからお話しています。食物繊維の効果蕎麦は他の麺類と比較して食物繊維が豊富です。ただ一口に食物繊維と言っても不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類の食物繊維があることはご存じでしょうか。蕎麦に含まれている食物繊維というのは不溶性食物繊維のほうです。不溶性食物繊維の効果その名の通り水に溶けない食物繊...

めんつゆに浸けて食べる食べ物といえば蕎麦・うどん・素麺です。これらはどれもヘルシー料理といわれていますが、カロリーや食物繊維量の違いはどれほどあるのでしょうか。蕎麦・素麺・うどんのカロリー日本食品標準成分表によれば、蕎麦・素麺・うどんのカロリーはそれぞれ以下のようになっています。100gあたりのカロリー蕎麦(茹で)・・・131kcal素麺(茹で)・・・126kcalうどん(茹で)・・・104kca...

健康な食生活を送る上で塩分管理は必要不可欠ですよね。塩分の取り過ぎは健康に悪影響しかありません。蕎麦の塩分量まず蕎麦には蕎麦生地そのものには塩分はほとんど含まれていません。仮に含まれていても茹でる時にほとんどお湯に溶け出してしまいます。なので塩分に気を配るとしたら、蕎麦つゆや具材のほうですね。※ちなみにうどんやそうめんは蕎麦と違って麺そのものにもかなりの塩分量が含まれています。減塩が必要な人は控え...

蕎麦のGI値について解説しています。GI値というのは認知度はあまり高くないですが、これを食べて太る・太らないということを気にかける時にカロリーの他に意識してほしいことです。GI値(グリセミック指数)とは過分に摂取した糖質は脂肪になってしまいます。そして血糖値が上がりやすい食材は、同時に空腹を引き起こしやすい食材でもあるので、糖質の過剰摂取を招きます。この負のループが人を肥満へと導いていくのです。こ...

page top