赤ちゃんに蕎麦はいつから食べさせるか

赤ちゃんに蕎麦はいつから食べさせるか

赤ちゃんの食事に気を使うのは当然ですが、蕎麦に関してはアレルギーで有名なのでなおさら気を使いますよね。赤ちゃんに蕎麦はいつから食べさせてもいいものなのでしょうか。気になったので調べてみました。その結果をまとめます。

 

 

赤ちゃんに蕎麦はいつから食べさせるか

食物アレルギーを起こしやすい食べ物には、蕎麦の他にも卵や小麦、乳製品にカニなど色々ありますが、蕎麦アレルギーは特に重い症状が出る傾向が強いので、赤ちゃんに食べさせることには十分慎重になる必要があります。

 

赤ちゃんの10人に1人は食物アレルギーといわれていますし、少なくとも消化機能が未発達な2歳までは食べさせないほうがいいでしょう。

 

赤ちゃんの食物アレルギーの症状

  • 皮膚のカサカサ
  • 目の赤み・まぶたの腫れ
  • 激しい咳・ぜいぜいとした息など呼吸器異常
  • 嘔吐
  • 下痢

 

そして2歳を過ぎて食べさせるにしても、最初は1口程度与えてから様子を見るようにしてください。もしもアレルギー反応を示すようならば、食べさせるのは中止して病院で検査を受けるようにしてください。

 

もしも何も異常が見られないようならば少しずつ与える量を増やしていくようにしてください。

 

これだけ慎重にしておけば大事に至ることはまずないと思います。あくまで素人が調べた結果ですので、他のサイトなども十分に参考にして慎重に判断するようにしてください。

<スポンサーリンク>
page top