蕎麦アレルギーの治療方法

蕎麦アレルギーの治療方法

蕎麦アレルギーの治療方法を紹介しています。蕎麦アレルギーは食品アレルギーの中でも特に症状が重く、場合によっては命の危険も伴います。大事になる前に治療に取りかかることが大切です。

 

 

蕎麦アレルギーの治療方法

大半の蕎麦アレルギーは、食べてすぐに症状が出る即時型のアレルギーです。その為症状が出たらすぐに病院に行き「血液検査」を行うことで抗体を調べることが治療を行う上では重要になります。【関連記事:蕎麦アレルギーの症状や発症までの時間

 

抗体がわかれば何を食べてはいけないのか、食べては良いのかがわかるので今後の発症を予防することができます。

 

蕎麦食べなきゃいいんじゃん!と楽観的に考えないほうがいいでしょう。蕎麦粉というのは蕎麦だけでなく、案外色々な食べ物に風味つけや隠し味として利用されているので十分に注意する必要があります。

 

完治するの?

蕎麦アレルギーの治療とはいってもできることは症状が出たときの対症療法くらいに限られていて、蕎麦アレルギーそのものを完治させるというのは難しいみたいです。

 

アレルギーの治療方法の一つに「アレルゲン免疫療法」と呼ばれるあえて少量ずつアレルゲンをとり続け、その量を徐々に増やしていき免疫力をつける、という治療法があります。ただ症状が重い蕎麦アレルギーでこれを実践するのはリスクが大きすぎるのでまず推奨されません。

<スポンサーリンク>
page top