蕎麦アレルギーの検査方法は?何科にいけば?

蕎麦アレルギーの検査方法は?何科にいけば?

蕎麦アレルギーのような症状がでたと思ったら病院にいき検査を受けることをおすすめします。今回は蕎麦アレルギーの検査方法や何科で検査が可能なのかということについてお話しています。

 

 

蕎麦アレルギーの検査方法

一般的な検査方法は血液検査です。血液からアレルギー反応に対する抗体を調べます。症状が発症してから時間が短いほど抗体が特定しやすいですので、早めに検査を受けるようにしましょう。

 

また医師には蕎麦を食べた後に症状が出たということを必ず伝えるようにしましょう。言わなければ正確な検査ができません。【関連記事:蕎麦アレルギーの症状や発症までの時間

 

何科にいけば良い?

アレルギー検査は皮膚科や耳鼻科、内科などで行っています。一応事前に問い合わせておくといいでしょう。検査項目は病院によって出来るものできないものがあったりしますが、蕎麦アレルギーは非常に多い症例なので、大抵の所では検査可能だと思います。

 

血液検査の後

血液検査で蕎麦アレルギーとわかったら、とにかく蕎麦粉が含まれる食べ物を食べないようにする必要がありますね。

 

蕎麦粉は麺の蕎麦だけでなく、中華やパンケーキなどの料理にも風味つけとして利用されていたりするので、外食の際は注意する必要があります。

<スポンサーリンク>
page top