蕎麦の食べ方のマナー

蕎麦の食べ方のマナー

蕎麦を食べる上でマナーや作法を気にされる方がいるようです。蕎麦の食べ方にマナー・作法というのはあるのでしょうか。

 

 

三分の一を浸けて食べる

マナーや作法があるとすれば「せいろ」や「ざる蕎麦」になると思います。これらに関しては蕎麦を汁に浸して食べるというのが、最も一般的で昔から定着している食べ方でしょう。

 

昔からこの浸し方においてマナー・作法に近いようなものが存在します。有名なのは「麺をつゆにつけて食べる時は、麺の三分の一まで」というものです。

 

これは蕎麦の香りを楽しむ為には三分の一という割合が理想的なことからできた法則のようなものです。

 

店側も蕎麦の香りも楽しんで欲しい、知って欲しいと思っているでしょうし、この法則に従って食べるのが本来は理想といえます。

 

ただこれは正直ただの好みになっていて形骸化しているルールでもあるので、気分しだいでいいと思います。

 

つゆの味が控えめだったのなら全部浸けて食べる、塩辛いと思ったら三分の一ルールで食べるみたいな感じで臨機応変で対応すればいいでしょう。

 

すするのはマナー違反?

麺をすするというのがマナー違反と思ってしまう人もいるようですが、そんなことはありません。海外では麺をすするのはマナーに反するというのが一般的なようですが、蕎麦はすすることで香りが引き立つので日本においてはむしろ推奨されています。

<スポンサーリンク>
page top