蕎麦のゆで汁の活用方法

蕎麦のゆで汁の活用方法

蕎麦にはルチンという非常に健康に良い成分が豊富に含まれているのですが、このルチンの多くは蕎麦を茹でた時にお湯の中に溶け出してしまっています。

 

その為健康目的で食べるのなら茹で汁は捨てずに何らかの形で活用することをおすすめします今回はその活用方法を紹介しています。

 

 

蕎麦の茹で汁の活用方法

蕎麦を茹でた後の汁は白濁していていますが、これが栄養だと思ってください。この茹で汁にはルチンの他にもビタミンB1、B2などもたくさん含まれています。捨てるのはもったいないので以下のような形で活用しましょう。

 

つゆに混ぜる

これが一番おすすめですね。蕎麦のつゆは水で割るのが一般的ですが、その時に余った茹で汁を使えばいいのです。

 

飲む・お茶にする

シンプルに飲むのもいいと思います。めちゃくちゃ美味しいというわけではありませんが、ほのかな蕎麦の香りがあります。味気ないと思ったらお茶の煮汁として使うこともおすすめです。

 

味噌汁など料理に活用

または茹で汁をペットボトルなどの容器に入れて冷蔵庫に保存しておき、当日か翌日までに味噌汁のような料理に活用してしまうのもありでしょう。

 

以上蕎麦の茹で汁の活用方法について紹介させていただきました。ちなみに老舗の蕎麦屋などでは茹で汁を出してくれる所も多いです。

<スポンサーリンク>
page top