蕎麦作りに必要な道具の名称

蕎麦作りに必要な道具の名称

蕎麦を作るために用いる道具の名称とそれぞれの役割を紹介したいと思います。蕎麦作りを勉強したいと思っている方は予備知識程度に参考にしてくださればと思います。

 

 

蕎麦作りの道具の名称

以下は蕎麦作りに必要な道具一覧とそれぞれの説明になります。

 

こね鉢

蕎麦粉と小麦粉をかきまぜるための容器です。直径48cm以上の大きめのものが望ましいです。ボウルでも代用できますが大きさを重視してください。

 

ふるい

こね鉢に蕎麦粉を入れる前に、蕎麦粉の固まりを除くために使うものです。

 

計量カップ

蕎麦粉に混ぜる適切な水の量を量るための道具です。

 

延し板

ドウ(蕎麦粉と水の混ざった固まり)を薄く延ばす為の平らな板です。500gのドウを延ばすとしたら75cm四方の延し板があれば十分です。

 

麺棒

生地を延ばしたり、巻き取ったりする為の棒です。市販されているものは大体60~80cmくらいの長さです。できるだけ固いものを選びましょう。セットを買う場合は延ばす用と巻き取り用で2本付属しているものを買うようにしてください。

 

まな板

畳んだ蕎麦生地を切る土台に必要なものです。

 

蕎麦切り包丁

蕎麦生地を切る為のものです。麺切り包丁は普通の包丁と違い、刃先がまっすぐになっていて、切った後に麺がつながってしまうことがないのです。ただなければ菜切り包丁でも代用できます。

<スポンサーリンク>
page top