蕎麦の小麦粉の割合

蕎麦の小麦粉の割合

蕎麦の原材料は蕎麦粉・つなぎ・水となりますが、この小麦粉に対する蕎麦粉の配合割合によって十割蕎麦・二八蕎麦・外二八蕎麦・逆二八蕎麦などに分類されます。今回はこの蕎麦の種類ごとの特徴を紹介したいと思います。

 

 

十割蕎麦(生粉打ちそば)

つなぎに小麦粉を使わずに、蕎麦粉と水のみで作った蕎麦です。なお別で蕎麦粉を糊化させたものをつなぎとして利用する場合もあります。小麦粉をつなぎとして利用した蕎麦よりも切れやすいという特徴があります。

 

二八蕎麦(内二八蕎麦)

蕎麦粉8:小麦粉2の割合で作った蕎麦です。

 

外二八蕎麦

蕎麦粉10:小麦粉2の割合で作った蕎麦です。二八蕎麦と小麦粉の割合は同じですが、蕎麦粉の量が多いので蕎麦の風味がより強くなっています。

 

逆二八蕎麦

蕎麦粉2:小麦粉8の蕎麦のことです。蕎麦粉と小麦粉の割合が外二八蕎麦と逆なのでこの名称で呼ばれています。蕎麦粉が極端に少ないので下等品として扱われます。

<スポンサーリンク>
page top