蕎麦の栽培時期や条件

蕎麦の栽培時期や条件

蕎麦の栽培時期や栽培条件を紹介しています。自家製の蕎麦を作りたい!という方への参考になれば幸いです。

 

 

蕎麦の栽培時期

蕎麦には夏蕎麦と秋蕎麦があり、それぞれ栽培開始時期が異なります。

 

栽培開始時期
  • 夏蕎麦・・・春に種をまいて夏に収穫する
  • 秋蕎麦・・・夏に種をまいて秋に収穫する

 

基本的に美味しいといわれるのは夏に栽培を開始した蕎麦=秋蕎麦です。

 

その年の秋に収穫した蕎麦粉を用いたものは新蕎麦と呼ばれており、夏蕎麦よりも香り・味・色が良いのです。だから栽培を始める時期としては夏がおすすめです。

 

栽培条件

秋蕎麦が美味しいのは蕎麦の原材料である植物「ソバ」の栽培条件に起因しています。

 

ソバは湿潤に極端に弱い上、日最低気温の平均値が17.5度を超えると実に栄養が行きづらくなりますので、夏まっただ中に結実するソバの実はどうしてもいろいろな面で劣っています。

 

秋蕎麦の味・風味・色が良いのはソバの実に十分に栄養が行き届いている為なのです。実際蕎麦の栽培農家は山間や冷涼な気候の地域にあることが多いです。

<スポンサーリンク>
page top