蕎麦が二日酔い対策に良い理由

蕎麦が二日酔い対策に良い理由

蕎麦が二日酔いに良い食べ物だといわれています。これは蕎麦が肝臓の働きに好影響を与える効果によるものです。今回はこのことについて詳しく掘り下げていきたいと思います。

 

 

蕎麦が二日酔いに良い理由

私たちがアルコールを取り過ぎて二日酔いになった時に、正常化の為に最も働いてくれる器官は肝臓です。

 

肝臓にはアセトアルデヒドやアルコールの分解を助ける働きがあり、この働きにより時間とともに二日酔い症状は緩和していくわけです。

 

そして肝臓の働きにはタンパク質が必要不可欠。蕎麦にはそのタンパク質が豊富に含まれているので、肝臓の働きを助けて二日酔いの改善にも効果が期待できるというわけですね。

 

ルチンの効果

また蕎麦に含まれるポリフェノールの一種ルチンには毛細血管を丈夫にする作用があるので、これも血中に溶け込んだアルコールの分解を促進してくれることでしょう。

 

大根おろしを入れよう

蕎麦に大根おろしは定番の組み合わせですが、大根にはビタミンCが豊富に含まれているので、肝機能をサポートしてくれます。これも二日酔い対策にはおすすめです。

<スポンサーリンク>
page top