蕎麦の健康的な効能

蕎麦の健康的な効能

蕎麦がすご~く体にいいって知っていましたか?今回は蕎麦の健康的な効能を一挙まとめて紹介しています。

 

蕎麦の健康的な効能一覧

蕎麦の健康にいいと言われる効能を以下に記します。

 

胃もたれしにくい

蕎麦の生地に使われているそば粉は非常に消化吸収が良く、たくさん食べても胃がもたれにくいです。お昼の食後は胃がもたれて集中力が低下しがちですが、蕎麦ではその心配がありません。

 

生活習慣病の予防

蕎麦に含まれているポリフェノールの一種「ルチン」は毛細血管壁を丈夫にしたり、血液を綺麗にする作用があります。毛細血管壁の劣化や血液の不健康によって起こりやすい高血圧や糖尿病、動脈硬化といった生活主観病の予防に効果が期待できます。

 

栄養が豊富

蕎麦が健康に良いといわれるのは最大の理由は栄養の豊富さにあります。蕎麦の主成分はデンプン質ですが、そのほかにもタンパク質・ビタミンB群を豊富に含んでおり、健康維持に必要な栄養を補完することができます。

 

口内炎・脚毛予防

蕎麦に豊富に含まれるビタミンB1は脚毛を予防する効果があり、ビタミンB2は口内炎を予防する効果があります。

 

以上蕎麦の健康にいい効能を紹介させていただきました。参考にしていただければ幸いです。

<スポンサーリンク>

蕎麦の栄養成分と効果

蕎麦に含まれている栄養成分とそれぞれの効果を紹介しています。麺類の中でも特に蕎麦が体にいいといわれるのは今回紹介する栄養成分のおかげです。

 

蕎麦の栄養成分

蕎麦には以下のような栄養成分が含まれており、全て体に良い影響に与えるものばかりです。

 

ルチン

蕎麦にはポリフェノールの一種である「ルチン」が豊富に含まれています。ルチンは毛細血管壁を強化したり、血液を綺麗にする作用があり、高血圧や糖尿病、動脈硬化といった生活主観病の予防効果が期待できます。

 

ビタミンB群

蕎麦にはビタミンB1、B2といったビタミンB群が豊富に含まれています。とくに多く含まれているビタミンB1には疲労回復効果や神経機能を正常に保つ効果があります。

 

食物繊維

麺類の中では蕎麦の食物繊維含有量は圧倒的に多いです。食物繊維は腸の蠕動運動を活発にして便通をよくするなどの効果があります。

 

タンパク質

タンパク質は蕎麦の主成分です。タンパク質は炭水化物、脂質と並ぶ三大栄養素の一つで、人間の臓器・筋肉・皮膚・髪といった組織を構成しています。健康体の維持やエネルギー源として欠かせないものです。

<スポンサーリンク>
更新履歴
page top